幼児~小学生のお子様を対象

お子さまの健康を考える

つまづき・転倒・姿勢の悪さ

 当院ではお子様の足をお守りする「足育活動」を合わせてを行っております。

     いい足の土台作りは、骨格形成が始まる幼少期からスタートします。

 

     この時期はよく足を使い筋肉を鍛えることで、しっかりとしたアーチのある足が育ちます。

 

 まずは、たくさん歩き、外遊びをすることが大切ですね。

 

  お子様の足は骨形成が不十分であることから間違ったシューズを選んでしまうと足指の変形でもある「外反母趾」「かがみ指」「寝指」「内反小指」といった状態に…

 

 

その結果、足以外にも

転倒してしまう

姿勢が悪い

目が悪い

歯並びが悪いなど

 

 足元から様々な悪影響を引き起こすことにつながります。

 

 ≪ご相談内でできること≫

* 足の足長・足幅の計測

* 足指の変形の有無のチェック

* お持ちの靴の状態のチェック

* 靴の選び方や履かせ方のご指導

* 歩行のチェック

 

※特別な施術は致しませんのでご了承ください。

 

 『当院でできること』

*簡易インソールのご提供

*シューズのご提供

*上履きのご提供

 

高価なものではなく、手に届く物で履くと良いものに厳選しておりますし、必要のないものは押し売りは致しませんのでご安心下さい。

 


ぎふっこカードの提示で

小学生以下のお子様対象

無料相談受付中

(30分程度)

(平日・土・祝/完全予約制)