『ラグビーワールドカップ2019日本大会においてナショナルチームのコンディショニングを担当』



  杉原 裕也 | SUGIHARA YUYA

  各務原接骨院*各務原鍼灸院代表

  岐阜県羽島郡岐南町出身 

  朝日大学ラグビー部トレーナー 

  岐阜県選抜(国体)トレーナー

  ゆびのば体操インストラクター 

 


ご挨拶

 各務原接骨院は前身の各務原接骨院(蘇原旭日町⇒那加雄飛ヶ丘町)から新たに2019年6月に那加石山町に場所を移し、各務原接骨院*各務原鍼灸院として丸一年を迎えることができました。

 コロナ対策から予約優先制・完全予約制の業態に移行し、常にお客様と1対1で向き合い質の高い施術技術・傾聴を追求しております。おかげさまで開業間もなく近所の方の口コミや紹介が広がり、今日まで至り、雄飛ヶ丘町時代から3年間で多くの方々の身体のケア・メンテナンス/スポーツ活動での外傷の施術をしてまいりました。お陰様で最近ではご近所の方が来院して下さることも増えてまいりました。

 現在は、接骨院・鍼灸院経営の他にも、大学ラグビーのトレーナーとしてラグビー大学選手権への帯同や岐阜県選抜のトレーナーとして国体(愛媛国体・福井国体)に帯同、ラグビーの国際大会時の来日チームへのコンディショニングを務め、さらにラグビーワールドカップ日本大会では出場したチームのコンディショニングも担当するなど幅広く活動をさせて頂いております。

 その活動の中で実感していることは、柔道整復師やメディカルトレーナーとして培った考えを軸にスポーツの現場以外に、ウォーキングをして膝が痛くて不安が残るの方のお悩みやうちの子が学校でよく転倒してしまってと子どもを持つお母さんのお悩みなどを耳にすると日常生活のお悩みもまた解決してあげられるのではないかと考えるようになったからです。

 ある日、患者様より「なんとなく分かっているけどどのようなシューズを選んでいいのかわからないから見つけてほしい」という声や「どこで自分の体のケアができるよくわからない」というお話を頂きました。今の時代、街を歩けば靴屋さんやマッサージ店などの看板がたくさん目に付きます。私もプライベートで靴店を訪れますがなかなかこれは足に良さそうだなと思うシューズと出会うことが少なく「これを履いちゃうと子供の足に負担がかかるよな」とか「もう少し踵がしっかりとしたシューズの方が歩行が安定するのにな」と感じてしまうことが多いです。

 また、施術に関しては治療系からリラクゼーション系までたくさんの選択肢がある中で、「どこのお店が良いか?」「どれが自分に合っているのか?」「誰が自分の身体を良くしてくれるのか?」というのを自分で判断するのは本当に難しいことですね。しかしながら、コロナの影響で休業を余儀なくされたお店も多いさなか、3密になることへの懸念が生じている中でも当院は営業を続けてこれたのも患者様との日々の信頼関係のたまものであると患者様には感謝しかありません。

 私自身がスポーツの現場で培った経験や知識を最大限に活かし、「これからも足の痛みから解放し、アクティブにライフスタイルを楽しんでいける人のための店を作ろう!」と思い立ったことをきっかけに、新たなコンセプトとして『あしとカラダに優しい治療院、各務原接骨院』として立ち上げました。

 各務原接骨院の施術は患者さんから瞬間的に「ちょっと痛いかもな…」と言われることがあります。もちろん、その前に患者様にはご説明をしますが…既存の整体院やリラクゼーションマッサージ店にはないスタイル・価値観で、”『ただいま』と言われる誰もが通いたくなるサロン”  “あなたにとって必要不可欠なコンディショニングのトレーナーになりたい”という信念のもと、ご来店頂ける全ての方に”快適なカラダと健康的で豊かなライフスタイルを提供したい”という想いで日々邁進していきます。代表:杉原裕也

ご予約⇒058-381-9295

 

 

あしゆびや靴についての講和活動も行っております。

地域サロン等への講和のご依頼も承ります。


柔道整復師とは??

厚生労働省の免許を受けている者(国家資格者)であり、日本古来固有の伝統医療である。

柔道整復師は、骨折・脱臼・捻挫・打撲の治療ができる他、幅広い痛みに対し、手技・物療などで自然治癒を促し、回復を促進させることを生業とした施術者です。



院内外の雰囲気です


駐車場の案内です

店舗前2台、サイド2台お停めいただけます