まだ骨盤の調整だけしてますか??

 

 当院では骨盤調整というメニューはありません。人間の土台は骨盤ではなくあくまでも『足首より下』にあると考えているからです。多くの治療院では骨盤の前傾、後傾のお話をさせることが多いのではないでしょうか?

 しかしながら骨盤の歪みの根本にはその下にある足(フット)の状態との関係性があると私は考えております。

 よくカメラの三脚を用いて患者様と説明をすることがあります。親指、小指、そして踵この三点でしっかりと支えること、さらに、しっかりと地面を捉えて歩くことにフォーカスして取り組んでおります。

 さらに、当院では膝の下の骨「脛骨(けいこつ)」足首の骨「距骨(きょこつ)」の安定化を目指しております。

 

土台がしっかりと安定しているからこそ骨盤も安定、腰や首に加わるストレスを緩和させることができますよ。

 

 


どうして膝が痛くなるの?

 c2017 IMAI Kazuaki, MIRAI Clinic

あなたは足の親指や膝が痛いと感じたことはないでしょうか??またそれはどうして痛みが起こるのかについて考えたことはありますか?

 

当院では膝痛は膝そのものを考えるのでなく、膝を支えている下腿の骨、脛骨(ケイコツ)の捻じれ、外側への傾き方に注目し、アドバイスをさせて頂いております。

 

膝の痛みの方のお悩みの一つでもある「変形性膝関節症」による痛みはこの脛骨の傾きにより、膝の内側にある関節軟骨がすり減り摩耗することで骨と骨同士がぶつかることで膝にキヤッっとした痛みが走ると考えられています。

 

ではなぜ傾きが起こるのか?それは足首の構造から言えるでしょう。

まず足首は内反するつまり体重が外に逃げやすい構造にあるためです。さらに、歩行時に親指を使って地面を強く蹴りだせばそれだけ脛骨(けいこつ)には強い捻じれが加わります。

当院では歩くと膝が痛むとは踵を着いた瞬間及び地面を蹴りだした瞬間の2段階に分けて考えています。

 

荷重が外に逃げるかかとが緩い靴を履いてしまえばそれだけリスクが高まりますし、蹴り出す際に拇指荷重が強くなる歩き方をすれば痛みが増大することになります。

 

合わせて膝、足首がしっかり伸びきれているか、動きが悪くないかなどもチェックさせて頂き、アドバイスや施術も施します。当院ではそのようなトラブルから少しでも回避できるよう快適な日常が送れますようにご提案させて頂いております。




ゆびのば体操始めませんか??

 当院では福岡のみらいクリニックの今井先生が推奨されています足指の体操「ゆびのば体操」と「ゆびのばソックス」を取り入れております。

 

 「世界一受けたい授業」や「ためしてガッテン」などでも取り扱いをされているあしゆび体操を通じて足指を整え、足指の痛みだけではなく足指が乱れていることで起こる膝痛や腰痛などの体のトラブルを予防することを目的に体操をお伝えしております。

 

 簡単でどなた様でもその日から取り入れられるあしゆび体操を通じて転倒予防や足育にも取り組みませんか??

 

 みらいクリニックHP(ソックス)

https://store.yubinoba.com/?gclid=CjwKCAjwzvX7BRAeEiwAsXExo2IOzpf1dv1w1UAOhw-CqgHcEhGmTFUar-Gx3fNO0SJ0VZC_T8BsxRoCrV8QAvD_BwE

 

 みらいクリニック様ソックスアドバイザー

https://mirai-spt.com/adviser_list_prefectures/